高校留学のそれぞれの方法について

高校留学とは海外の高校へ学びにいって、高校生のうちに国外で生活することを指します。

語学力を学ぶことが主な目的となりますが、そのほかにも国際経験を積むことやコミュニケーション能力を向上させるためにも役立ちます。

英会話をマスターしていると、就職活動のときに有利になるというメリットがあります。


所属している高校によっては、留学期間が一定の条件を満たすことによって帰国子女試験を受けられることも考えられます。
大学受験においても、入学が難しいと感じられる大学の推薦枠を獲得することにつながることもあるので、高校留学を経験しておくことはプラスになります。



英語を自由に使いこなせるようになっておくと、グローバル企業への就職にも有利となりますので、将来的な選択肢を増やすことができます。

一般的な高校留学としては、交換留学の方法があり、高校に所属している生徒同士を留学生として交換するシステムとなります。

交換留学の方法で高校留学するには、入学のときに交換留学制度を取り入れている高校に入学する必要があります。



そのうえで試験に合格することが必要ですので、ハードルが高い留学の方法と言えます。

交換留学以外の方法として私費留学があり、自分で費用を支払って行う留学のスタイルですので好きな国や学校に行くことが可能です。



基本的には交換留学よりも私費留学のほうが費用が高額となりますので、予算に応じてどのような留学の方法が良いのか検討することが大切です。