高校留学でフィリピンを選ぶ

フィリピンは、高校留学先としても人気があります。

ただ、留学する際によく不安としてあげられるのが、フィリピン人の英語力です。
日本人は世界の中でも英語力が低いので、フィリピン人の英語力を気にするほどのレベルではないのですが、高校留学して本格的に英語を習うとなれば、やはり気になるようです。



確かに、フィリピン人は英語のネイティブではありません。

しかし、フィリピンでは英語が公用語のひとつになっています。
なので、多くの人が英語を話したり、理解しています。
大学で教育を受けた人たちの英語力は、ネイティブと遜色ないくらいです。
ただ、すべての語学学校に通う場合、すべての講師がネイティブ並みの実力を持っているというわけではありません。


講師の質にはバラつきがあります。

役立つ教えて!gooの情報が豊富です。

よく気にされる訛りについては、結論から言うとさほど気になりません。
全く訛りがないわけではありませんが「f」の発音が「p」に聴こえてしまったり「r」が巻き舌のようになったり、といったくらいです。

ただ、これはインド英語やシンガポール英語でも同じ事が言えます。講師はしっかりトレーニングを積んできた人がほとんどなので、多少の訛りはあっても英語学習に差し支えないレベルで教えてくれます。

フィリピン人はビジネス英語を教えられる講師の数は少ないと言われていますが、高校留学レベルであればカバーしてくれます。


費用も安く抑えられて、日本から近いので若い時の留学先に適しています。